段差解消の取り組み

体温計

最近の公共バスなどでは車いすなどの機器を利用しやすいように段差解消機が取り付けられていることがあります。ですが民間バス等の場合、予算との兼ね合いから導入を躊躇する企業も少なくありません。そのため最近では段差解消機を導入しやすいように、以下の様な取り組みがなされています。 まず挙げられるのが無料見積りです。段差解消機の導入を躊躇する最も大きな理由として、設置やメンテナンスに掛かる費用が挙げられます。そのため設置にどの程度の費用がかかるのか、またその後のメンテナンスの費用はどの程度なのかを無料で見積もることにより、導入しやすい環境づくりを行っています。 次に挙げられるのが補助金制度です。地方公共団体によっては導入時に補助金を受け取ることができます。ただし条件などが予め定められているため、しっかり確認し導入する必要があります。 上記のような取り組みを知り、段差解消機の導入を検討されることをお勧めします。

段差解消機が大きくもてはやされているのは、車いすの利用者が増えているという実態があります。 段差解消機とは、読んで字のごとく、段差を解消するものであり、昨今では、介護施設や老人ホームなどで活躍を見せています。その価格帯についても、まだまだリーズナブルな価格とはいえませんが、徐々に手の届く範囲になってきているといわれています。 日本の課題ともいえる高齢化社会の到来に向けて、段差解消機のニーズはますます増えていくものと予測されます。車いすの利用者も健常者と変わりなく生活をすることができるようになることが求められています。段差解消機の普及は、車いすの利用者の利便性の向上に一役買うものとして、重宝がられています。